building

2020年 海外における「MaaS×プロジェクト」に関する網羅的な調査(公開事例:27か国×212枚付き)

【サブタイトル】

~ 「海外MaaSプロジェクト」の網羅的な調査を実施、「海外MaaSプロジェクト」×「市場規模」×「サプライチェーン」×「ビジネスモデル」の徹底探索・抽出・整理
≪合計27か国×124件の「海外MaaSプロジェクト」を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~

【調査対象】

・「海外MaaSプロジェクト」分野 全般 

【調査方法】

・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・2020年10月19日(調査開始)~2020年10月29日まで網羅的な調査を実施した。その後、レポーティング(コメント集計&分析)を実施し、2020年11月9日にコメント集計&分析ならびにグラフ化・コメント化が終了した。

【はじめに】

 2020年がスタートして10か月以上が経過したが、海外における「MaaS×プロジェクト」の網羅的な調査・レポートに対する期待値や注目度は今まで以上に高まっている。

 ここ(直近)1年の間、日本よりは進んでいるであろう海外において、「MaaS×プロジェクト」の(1)市場規模(伸び率ではなく、プロジェクト単位の売り上げ規模があればベスト)(2)サプライチェーン(プロジェクトでの企業間連携など)(3)ビジネスモデル(どうやって儲けるかの手法など)について網羅的に深堀調査&レポート化して欲しい!といった声が挙がっている。

 こうした声を受けて、ESP総研では急速に調査ニーズが高まっている“2020年 海外における「MaaS×プロジェクト」に関する網羅的な調査(公開事例:27か国×212枚付き)~ 「海外MaaSプロジェクト」の網羅的な調査を実施、「海外MaaSプロジェクト」×「市場規模」×「サプライチェーン」×「ビジネスモデル」の徹底探索・抽出・整理≪合計27か国×124件の「海外MaaSプロジェクト」を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~”をレポート化することとなった。

 この調査報告書が海外における「MaaS×プロジェクト」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

I. 総括 編 P1

1)世界国別集計・分析<世界27か国(合計124件)の海外MaaSプロジェクトを集計&網羅的に体系化>P2

2)世界地域別集計・分析<世界4地域・合計124件の海外MaaSプロジェクトを集計&網羅的に体系化>P3

3)開始年度別集計・分析<合計114件のプロジェクトを集計&網羅的に体系化(124件中開始年度の記載があるプロジェクトを集計)>P4

4)海外MaaSプロジェクト規模(合計38件)集計&分析(予算規模の記載があるプロジェクトのみ)<プロジェクト規模・10億ドル以下>P5

5)「海外MaaSプロジェクト」一覧(212枚)*100%出典先も記載した P6

Ⅱ.参考資料(付録) 編(27か国×212枚) *海外×MaaSプロジェクト(公開事例のみ)P1

1.市場規模 P2

1)EU・CITyFiED:欧州における効率的な都市づくりプロジェクト P3
2)EU・GrowSmarter:持続可能な都市モビリティの開発 P4
3)REMOURBAN:スマートな都市変革を加速するための再生モデル P5
4)EU・Triangulum:モビリティテクノロジの開発及び実装 P6 
5)EU・Replicate:交通管理サービスの導入 P7
6)EU・Sharing Cities:デジタルソリューション及びコラボレーションモデルの実装 P8
7)EU・SmartEnCity:持続可能なモビリティのための革新的な戦略 P9
8)エストニア・タルトゥ:バイクシェアリングの導入 P10
9)エストニア・タルトゥ:クリーンなガス燃料を動力源とするバスの導入 P11
10)デンマーク・ソンダーボルグ:充電ステーション設置などのインフラ改革 P12
11)デンマーク・ソンダーボルグ:ICTソリューションの導入 P13 
12)デンマーク・ソンダーボルグ:グリーン輸送のための戦略的エネルギー計画 P14
13)EU・Smarter Together:世界各国におけるスマートインフラ導入プロジェクト P15
14)フランス・リヨン:都市再開発プロジェクト「リヨン・カンファレンス」 P16
15)ドイツ・ミュンヘン:スマートシティプロジェクト P17
16)EU・Share-more:カーシェアリングサービスの付加価値を最適化 P18
17)EU・MaaS4EU:欧州のシームレスなモビリティのフレームワークを実現 P19
18)EU・MyCorridor:マルチモーダルな欧州の国境を越えたMaaS P20
19)EU・IMOVE:欧州における多国間のMaaSソリューションの開発 P21
20)EU・Shift2MaaS:MaaS プラットフォームの普及を促進 P22
21)EC:欧州における国境を越えた未来都市の総合的な研究 P23
22)オランダ:渋滞緩和を目的としたスマートモビリティソリューション P24
23)スペイン・ CIVITAS ECCENTRIC :持続的モビリティと環境にやさしいロジスティクスソリューション P25
24)スペイン・Momentum:都市モビリティのための新たな輸送ソリューションのモデリング P26
25)オランダ・Critical MaaS:MaaSの新しい行動モデルを確立と評価 P27
26)イギリス・MaaSive:鉄道を利用した旅行体験を改善するためのIT統合 P28
27)ドイツ・ATTRACkTIVE:すべての交通モードを統合したトラベルソリューションの開発 P29
28)フランス・CO-ACTIVE:人々の移動と買い物の「ワンストップショップ」機能の強化に対応 P30
29)ドイツ・PLASA-2:鉄道のスマートプランニングと仮想認証の開発 P31
30)スロバキア・MoTiV:モビリティと旅行時間の価値を分析 P32
31)ベルギー・AUTOPILOT:IoT対応の自動運転車のテスト走行と分析 P33
32)米国・オハイオ州コロンブス:スマートシティ建設 P34
33)米国・オハイオ州コロンブス:スマートコロンブスにおけるスマートシティイニシアチブ P35
34)米国オハイオ州コロンブス:スマート・コロンブス  P36
35) 米国アリゾナ州ベルモント:自動運転車及び自律型ロジスティクスの開発 P37
36) 米国ニューヨーク:ニューヨーク州における交通システムの再構築 P38
37)韓国ソングドゥ:スマートシティ・次世代都市のモデル P39
38)韓国インチョン:フリーエコノミックゾープロジェクト P40 
39)EU・Ruggedised:多国籍間のスマートシティソリューションの統合 P41

2. サプライチェーン P42

1)EU・CITyFiED:科学的及び技術的目標とその構造 P43
2)EU・GrowSmarter:プロジェクトパートナー企業 P44 
3)EU・REMOURBAN:スマートな都市変革を加速するための再生モデル P45
4)EU・Sharing Cities:人、場所、プラットフォームを統合したオープンソースソリューション P46
5)フランス・Smarter Together:都市再開発プロジェクト P47
6)EU・MaaS4EU:パートナー企業 P48 
7)ベルギー・MaaS4EU:MaaSシステム導入後の構図 P49
8)イギリス・ロンドン:ロンドンにおけるカークラブサービス P50
9)イギリス・ロンドン:マルチモーダル旅行計画ツール P51 
10)EU・InoMobility-MaaS:トランスポートモデリングのMaaS概念の組み込み(1) P52
11)EU・InoMobility-MaaS:トランスポートモデリングのMaaS概念の組み込み(2) P53
12)EU・MyCorridor:マルチモーダルな欧州の国境を越えたMaaS P54
13)シンガポール・Mobility X:シームレスなマルチモーダルな旅を計画、予約、支払い可能な単一プラットフォーム P55
14)米国オハイオ州コロンブス:スマートコロンブス P56 
15)米国オハイオ州コロンブス:スマートシティ・プライベート及びパブリックパートナー(1) P57
16)米国オハイオ州コロンブス:スマートシティ・プライベート及びパブリックパートナー(2) P58
17)シンガポール:テクノロジによるシンガポールの変革 P59

3. ビジネスモデル P60 

1)スウェーデン・GrowSmarter:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P61
2)イギリス・Triangulum:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P62
3)イギリス・Replicate:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P63
4)イギリス・ブリストル:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P64
5)フランス・ボルドー:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P65
6)エストニア・タルトゥ(バイク):MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P66
7)エストニア・タルトゥ(バス):MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P67
8)デンマーク・ソンダーボルグ(EV):MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P68
9)デンマーク・ソンダーボルグ(ICT):MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P69
10)デンマーク・ソンダーボルグ(バス):MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P70
11)ドイツ・ミュンヘン:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P71
12)オーストリア・ハウフガッセ ・MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P72
13)オーストリア・ウィーン:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P73
14)EU・MyCorridor:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P74
15)オーストラリア・シドニー:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P75
16)シンガポール・Mobility X:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P76
17)ベルギー・AUTOPILOT:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P77
18)ベルギー・AUTOPILOT:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P78
19)ベルギー・AUTOPILOT:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P79
20)ベルギー・AUTOPILOT:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P80
21)ベルギー・AUTOPILOT:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P81
22)ベルギー・AUTOPILOT:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P82
23) 米国オハイオ州コロンブス:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス(1) P83
24) 米国オハイオ州コロンブス:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス(2) P84
25)米国オハイオ州コロンブス:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス(3)P85
26)米国オハイオ州コロンブス:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス(4)P86
27)米国オハイオ州コロンブス:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス(5)P87
28)米国オハイオ州コロンブス:MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス(6)P88
29)米国イリノイ州シカゴ・ MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P89
30)米国カリフォルニア州ロサンゼルス・MaaS×ビジネスモデル別×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス(1)P90
31)米国カリフォルニア州ロサンゼルス・MaaS×ビジネスモデル別×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス(2)P91
32)韓国ソングドゥIBD・ MaaS×ビジネスモデル別×プレイヤー別×相関マトリックス P92

4. MaaS・プロジェクト P93

1)EU・CITyFiED:モビリティインターフェイスのためのテクノロジ開発 P94
2)EU・GrowSmarter:持続可能な都市におけるモビリティソリューション P95
3)スペイン・バルセロナ市(GrowSmarter):持続可能なアーバンモビリティ導入 P96
4)スウェーデン・ストックホルム市(GrowSmarter):スマートソリューションの導入 P97
5)ドイツ・ケルン市:持続可能なモビリティ及び都市の拡大に伴う統合インフラストラクチャの確保 P98
6)EU・REMOURBAN:欧州におけるモビリティを含むアーバントランスフォーメーション P99
7)スペイン・バラドリッド市:持続可能なモビリティ P100
8)イギリス・ノッティンガム:EV充電インフラの構築 P101
9)トルコ・テペバシ:電動自転車と充電ステーション P102
10)EU・Triangulum:モビリティテクノロジの開発及び実装 P103
11)EU・Replicate:交通管理サービスの導入 P104
12)スペイン・サンセバスチャン:環境にやさしいバスの導入 P1015
13)スペイン・サンセバスチャンにおける地方自治体のEVフリートの展開 P106
14)スペイン・サンセバスチャンにおけるスマートモビリティプラットフォーム導入 P107
15)イタリア・フローレンス:EVフリート車両(E-タクシー)の導入 P108
16)イタリア・フローレンス: 交通インフラの適応と充電ステーション設置 P109
17)イタリア・フローレンス: 市民のための高度なモビリティサービスの提供 P110
18)イタリア・フローレンス: デジタルサービスGoalGreen及びFastBookingアプリの導入 P111
19)イタリア・フローレンス:交通管理に活用可能なスマートライトの設置 P112
20)イギリス・ブリストル:Eバイク及び管理システムの導入 P113
21)イギリス・ブリストル:EV車両のフリート導入 P114
22)イギリス・ブリストル:イベントベースの電気タクシーバスの導入 P115
23)イギリス・ブリストル:Travel West旅行プラン開発 P116
24)イギリス・ブリストル:ParkUs駐車アプリの開発及び導入 P117
25)トルコ・ニルファー市:電気自動車の配備と管理 P118
26)EU・Sharing Cities:エネルギー、輸送、ICTセクタを統合するコミュニティソリューション P119
27)ポルトガル・リズボン:地区のスマートシティにおけるモビリティ開発 P120
28)イギリス・ロンドン: e-カーゴバイクのビジネスモデルとサービスを実装 P121
29)イタリア・ミラノ:共有e-モビリティの導入 P122
30)フランス・ボルドー:モビリティに関するスマートシティ戦略 P123
31)ブルガリア・ブルガス:スマートパーキングシステム及びeーモビリティソリューションの導入 P124
32)ポーランド・ワルシャワ:スマートシティ建設におけるEV車両及び充電ポイントの設置 P125
33)EU・SmartEnCity:持続可能なモビリティのための革新的な戦略 P126
34)エストニア・タルトゥ:自転車共有システムの導入 P127
35)エストニア・タルトゥ:環境にやさしい天然ガスを動力源とするバスの導入 P128
36)デンマーク・ソンダーボルグ:充電ステーション設置などのインフラ改革 P129
37)デンマーク・ソンダーボルグ:ICTソリューションの導入 P130
38)デンマーク・ソンダーボルグ:グリーン輸送のための戦略的エネルギー計画 P131
39)EU・Smarter Together:世界各国におけるスマートインフラ導入プロジェクト P132
40)フランス・リヨン:都市再開発プロジェクト「リヨン・カンファレンス」 P133
41)ドイツ・ミュンヘン: e-モビリティの実行可能なビジネスモデルの特定 P134
42)ドイツ・ミュンヘン:既存の公共交通インフラを補完するe-モビリティステーションの提供 P135
43)ドイツ・ミュンヘン:バイクシェアリングに貨物機能を統合 P136
44)ドイツ・ミュンヘン:既存のカーシェアリングフリートにE-Carを統合 P137
45)オーストリア・ハウフガッセ:E-カーシェアリングの開始 P138
46)オーストリア・ウィーン:E-バイクシェアリングプロジェクト P139
47)ブルガリア・ソフィア:持続可能なモビリティの導入 P140
48)スペイン・サンティアゴデコンポステーラ:スマートモビリティを含む「SMARTiAGO」イニシアチブ P141
49)ウクライナ・キエフ:高度に開発された公共交通システムにおけるモビリティの向上 P142
50)オランダ・アムステルダム:MaaSパイロットプログラムの実施 P143
51)EU・Pro-MaaS:MaaSの概念を実現するために必要なポリシーと規制の設定と管理 P144
52)EU・ Urban Mobility Auditing Model(UMAM):UMAMを使用したシティクラブの都市の分析 P145
53)EU・HARMONY:新世代のマルチモーダル輸送計画ツールの開発 P146
54)EU・EIT Urban Mobility:EUにおける都市空間の再考とモビリティプレイヤーの統合 P147
55)EU・Share-more:カーシェアリングサービスの付加価値を最適化 P148
56)サウジアラビア・She Drives KSA:移動が許可された女性の活動パターンの研究プロジェクト P149
57)EU・MaaS4EU:ビジネスモデルのエンドツーエンドアプローチ P150
58)EU・MaaS Maturity Index: MaaSの実装を評価するためのフレームワーク P151
59)ロンドン・FS-MaaS:ロンドンにおけるMaaSの実態調査と設計を提案 P152
60)EU・InoMobility-MaaS:トランスポートモデリングのMaaS概念の組み込み P153
61)イギリス・MaaS Survey:ロンドンにおけるMaaSに対するオンライン調査 P154
62)中国・太原市:カーシェアリングと自転車シェアリングシステムの統合 P155
63)イギリス・ロンドン:ロンドン市民の電動モードからサイクリングへの移行の分析 P156
64)イギリス・ロンドン:グレーターロンドンでの電気自動車購入消費者調査 P157
65)イギリス:MOTテストと走行距離の測定 P158
66)EU:住宅地の選択と輸送(交通)エネルギー需要のフレームワーク開発プロジェクト P159
67)EU・MyCorridor:マルチモーダルな欧州の国境を越えたMaaS P160
68)オランダ・アムステルダム:MyCorridorプロジェクトによるMaaSの統合 P161
69)ギリシャ・アテネ: MyCorridorプロジェクトによるMaaSの統合 P162
70)チェコ・プラハ: MyCorridorプロジェクトによるMaaSの統合 P163
71)オーストリア・ザルツブルク: MyCorridorプロジェクトによるMaaSの統合 P164
72)イタリア・ローマ:MyCorridorアプリを使用したMaaSテストプロジェクト P165
73)EU:国境を越えたMyCorridorアプリ使用テストプロジェクト P166
74)EU・IMOVE:欧州における多国間のMaaSソリューションの開発 P167
75)ドイツ・ベルリン:IMOVEによるサブスクリプションパッケージの統合 P168
76)スウェーデン・ヨーテボリ:MaaSエコシステムとビジネスインフラの整備 P169
77)イタリア・トリノ: MaaSビジネスモデルアプローチの調査と開発 P170
78)イギリス・マンチェスター:統合された交通プラットフォームの提供と改善 P171
79)スペイン・マドリッド:交通機関におけるMaaSを提供する新しい方法の開発 P172
80)オーストラリア・シドニー:iMoveオーストラリアによるMaaSトライアル P173
81)オーストラリア:MaaSビジネスモデルの提案と規制に関する情報提供 P174
82)オーストラリア:MaaSソリューションの向上のためのリサーチ P175
83)シンガポール・Mobility X:シームレスなマルチモーダルな旅を計画、予約、支払い可能な単一プラットフォーム P176
84)EU・Shift2MaaS:MaaS プラットフォームの普及を促進 P177
85)EC:欧州における国境を越えた未来都市の総合的な研究 P178
86)オランダ:渋滞緩和を目的としたスマートモビリティソリューション P179
87)スペイン・ CIVITAS ECCENTRIC :持続的モビリティと環境にやさしいロジスティクスソリューション P180
88)スペイン・Momentum:都市モビリティのための新たな輸送ソリューションのモデリング P181
89)オランダ・Critical MaaS:MaaSの新しい行動モデルを確立と評価 P182
90)イギリス・MaaSive:鉄道を利用した旅行体験を改善するためのIT統合 P183
91)ドイツ・ATTRACkTIVE:すべての交通モードを統合したトラベルソリューションの開発 P184
92)フランス・CO-ACTIVE:人々の移動と買い物の「ワンストップショップ」機能の強化に対応 P185
93)ドイツ・PLASA-2:鉄道のスマートプランニングと仮想認証の開発 P186
94)スロバキア・MoTiV:モビリティと旅行時間の価値を分析 P187
95)EU・AUTOPILOT:IoT対応の自動運転車のテスト走行と分析 P188
96)米国カリフォルニア州New Mobility Challenge:都市のモビリティの課題解決に向けたグローバルコンテスト P189
97)米国・Connected Mobility Initiative:世界中で実行可能なモビリティソリューションの制作 P190
98)米国・オハイオ州コロンブス:スマートコロンブスにおけるスマートシティイニシアチブ P191
99)米国アリゾナ州ベルモント:自動運転車及び自律型ロジスティクスの開発 P192
100)米国ニューヨーク:自転車シェアリングプログラム「Citi Bike(ニューヨーク)」の導入 P193
101)米国ニューヨーク:ニューヨーク州における交通システムの再構築 P194
102)米国イリノイ州シカゴ市:The Array of Things(AoT) P195
103)米国カリフォルニア州ロサンゼルス・「Climate-Smart Los Angeles」 P196
104)米国カリフォルニア州ロサンゼルス:ロサンゼルス・「Intelligent Traffic Controllers」 P197
105)米国カリフォルニア州ロサンゼルス:AT&T・ロサンゼルスパートナーシップ P198
106)台湾・台北市:自動運転バス試験走行開始 P199
107)台湾・台北市:高度道路交通ドローンアプリケーションパイロットプロジェクト P200
108)韓国ソングドゥ:スマートシティ・次世代都市のモデル P201
109)韓国・インチョン:フリーエコノミックゾーンプロジェクト P202
110)シンガポール:「Smart Urban Mobility」 P203
111)シンガポール:交通コンタクトレス決済システム P204
112)シンガポール:自動運転車の導入 P205
113)シンガポール:オンデマンドシャトルバスの導入 P206
114)シンガポール:都市交通のためのオープンデータと分析 P207
115)シンガポール:スマートアーバンモビリティプロジェクト P208
116)EU・Ruggedised:持続的なモデル都市エリアを作成する多国間プロジェクト P209
117)米国テキサス州サンアントニオ:パーキングセンサ設置 P210
118)米国テキサス州サンアントニオ:カーブサイドの路上デジタルサイネージ導入 P211
119)米国オハイオ州コロンブス:コネクティッドカーの導入 P212
120)米国オハイオ州コロンブス:モビリティプランと共通支払システムの導入 P213
121)米国オハイオ州コロンブス:スマートモビリティハブ P214
122)米国オハイオ州コロンブス:モビリティアシスタンス P215
123)米国オハイオ州コロンブス:接続された電気自動運転車の導入 P216
124)米国オハイオ州コロンブス:トラックの隊列走行 P217

奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-86567-299-2 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:Dream’s Commerce ボリンジャー 実穂子

【トータル・ページ数(報告書)】

・59ページ *別途、公開事例は27か国×212枚付き(英語+日本語)
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2020年 海外における「MaaS×プロジェクト」に関する網羅的な調査(公開事例:27か国×212枚付き)』
【頒価】 PDF(CD-R)*Excel(集計&加工用 生データ)も添付:本体価格180,000円+税<※全てカラー>
【発刊日】 2020年11月9日

【報告書体裁】 A4版 PDF(CD-R)*Excel(集計&加工用 生データ)も添付
【ページ数】 59ページ *別途、公開事例は27か国×212枚付き(英語+日本語)
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 以下の「お問い合わせはこちら」のボタンからお申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください


ページの先頭に戻る

お問合せボタン
03-5762-8136