building

2021年 海外における「6G」主要プレイヤー×研究開発動向に関する網羅的な調査(公開資料:30社×222枚付き)

【サブタイトル】

~ 「6G」主要プレイヤー別に、「海外における6G×研究開発動向」の網羅的な調査を実施、「海外の6G主要プレイヤー別×研究開発動向」の徹底探索・抽出・整理
≪合計30社×222件の「海外の6G主要プレイヤー別×研究開発動向」×全種類を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~

【調査対象】

・「海外における6G研究開発の動向」 全般 

【調査方法】

・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・2021年6月1日(調査開始)~2021年6月8日まで網羅的な調査を実施した。その後、レポーティング(コメント集計&分析)を実施し、2021年6月22日にコメント集計&分析ならびにグラフ化・コメント化が終了した。

【はじめに】

 2021年がスタートして5か月半以上が経過したが、海外における「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向について、網羅的な調査・整理&レポートに対する期待値や注目度は急速に高まっている。

 ここ(直近)1年の間、日本よりは進んでいるであろう海外において、海外における「6G」主要プレイヤー別に研究開発動向について網羅的に調査&レポート化して欲しい!将来のヒントとなる個別の重要且つ先端的な戦略情報を集めて欲しい!といった声が挙がっている。また、「6G」関連ビジネスを積極的に展開しようと計画しているベンダにとって、今後の新規市場・顧客開拓・営業提案・商品&サービス開発・研究開発(R&D)に役立つ(活用価値が高い)ような海外×「6G」主要プレイヤーの研究開発動向について、網羅的に深堀調査&レポート化して欲しい!といった声も高まっている。

 こうした声を受けて、ESP総研では急速に調査ニーズが高まっている“2021年 海外における「6G」主要プレイヤー×研究開発動向に関する網羅的な調査(公開資料:30社×222枚付き)” ~当該主要ベンダ(30社)を中心に、海外×「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向に関する網羅的な調査を実施、海外× 「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向の徹底探索≪合計30社×222件の海外×「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向を調査・整理&集計・グラフ化≫~”をレポート化することとなった。

 この調査報告書が海外における「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

Ⅰ.総括 編 P1

1)大分類&集計・分析(合計222件の海外における6G研究開発の動向×主要プレイヤー)<6G研究開発の動向×主要プレイヤー(合計30社)別 ×マトリックス>P2

2)企業・団体別抽出件数(合計222件の6G研究開発の動向×主要プレイヤー)<6G研究開発の動向×主要プレイヤー(合計30社)別 ×グラフ化>P3

3)国別×6G研究開発の動向×抽出件数及び割合(%)(合計30社・団体)×マトリックス 集計&分析<国別件数(10か国)>P4

4)世界地域別×6G研究開発の動向×抽出件数 集計&分析<世界地域別(3地域)>P5

5)コメント P6

6)「海外×6G研究開発の動向」一覧(222件)*100%出典先も記載した P9

Ⅱ.参考資料(付録) 編(30社×222枚) *出典企業別×海外における企業・団体別6G研究開発の動向(公開資料のみ)P1

1)企業 P2

1.Nokia P3

1-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×Nokiaが描く6G時代>P4
1-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×新しい世界の創造>P5
1-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×拡張人間の出現>P6
1-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6Gはかつてないパフォーマンスと信頼性をもたらす>P7
1-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×必要なときはいつでもデジタルアシスタンスが支援>P8
1-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6つのテクノロジ:1.AI/ML エアインターフェース>P9
1-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6つのテクノロジ:2.新しいスペクトル技術>P10
1-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6つのテクノロジ:3.センサーとしてのネットワーク>P11
1-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6つのテクノロジ:4.新しいネットワーク アーキテクチャ>P12
1-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6つのテクノロジ:5.究極の接続性>P13
1-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6つのテクノロジ:6.安心と信頼>P14
1-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×通信技術における欧州のリーダーシップの継続>P15
1-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×Hexa-Xプロジェクト>P16
1-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×研究課題と推進要因>P17
1-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×2030年代の通信への道と6G時代のネットワークに関する6つの研究課題の概要>P18
1-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×2030年に向けたユースケース>P19
1-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×検討される技術分野>P20
1-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×ラジオパフォーマンス>P21
1-19. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×インテリジェンスの接続>P22
1-20. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×ネットワークの進化と拡張>P23
1-21. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6Gに向けて前進>P24

2.Ericsson P25

2-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×エリクソン、新しいHexa-Xプロジェクトで6Gの技術的基盤を構築>P26
2-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×EUのHorizon2020プログラムの一環>P27
2-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×Hexa-Xで取り組むべき6つの課題>P28
2-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6Gへの道のり>P29
2-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6Gマルチアンテナ技術を開発>P30
2-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×REINDEERプロジェクト>P31
2-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×インテリジェントな社会のための将来のテクノロジ>P32
2-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×将来のスペクトル>P33
2-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×次世代の通信ネットワークの推進>P34
2-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×次世代の通信ネットワークを推奨するエリクソンの目的>P35
2-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×Next G システム>P36
2-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×次世代システムプログラム(RINGS)>P37
2-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×Next G ネットワーク>P38
2-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson× NSF PAWR Industry Consortiumの継続的な後援>P39
2-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×PAWRプログラムでのエリクソンの貢献>P40
2-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×今後の研究プログラム>P41
2-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×感覚のインターネット:2030年、10のホットなコンシューマートレンド>P42
2-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×五感のインターネットで夢を実現>P43
2-19. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×消費者は五感のインターネットを期待している>P44
2-20. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:①人の脳がユーザインタフェースとなる>P45
2-21. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:②音の完全制御>P46
2-22. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:③好みの味覚体験>P47
2-23. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:④デジタルアロマ>P48
2-24. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:⑤遠隔ですべてに触れることが可能になる>P49
2-25. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:⑥交換可能な物理的現実と仮想現実>P50
2-26. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:⑦本物と偽物を見分ける>P51
2-27. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:⑧消費者プライバシーのその後>P52
2-28. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:⑨接続された持続可能性>P53
2-29. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×コンシューマートレンド2030:⑩センセーショナルなサービス>P54
2-30. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×概要:コンシューマートレンド2030 >P55

3.Samsung P56

3-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×サムスンの6Gに対するビジョン>P57
3-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gの主要なユーザー及びサービスの予測>P58
3-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gの主要なパフォーマンス要件>P59
3-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gアーキテクチャ要件>P60
3-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gメガトレンド:接続されたマシン>P61
3-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×AI:ワイヤレス通信用の新しいツール>P62
3-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gのタイムライン>P63

4.LG P64

4-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<LG× Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P65

5.Apple P66

5-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Apple×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P67

6.Huawei P68

6-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×6G未来戦略>P69
6-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×6Gについてのテーマ>P70
6-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×ネットワークに関する統計>P71
6-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×6Gロールアウトのはじまり>P72
6-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×6Gのロールアウト開始時期は2029年又は2030年になると予想>P73
6-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×なぜ今6Gについて議論するのか?>P74
6-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×6Gに関するEUのポリシーフレームワーク: SNS JU>P75
6-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×6Gへの国際的な協力>P76
6-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×ICT: 成長を続ける経済イネーブラー>P77

7.Qualcomm P78

7-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×6Gは5Gの後に来るのか?>P79
7-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×Qualcomm流システムアプローチ>P80

8.AT&T P81

8-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<AT&T×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P82

9.Verizon P83

9-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Verizon×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P84

10.Telus P85

10-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Telus×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P86

11.T-Mobile P87

11-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<T-Mobile×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P88

12.Microsoft P89

12-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Microsoft×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P90

13.Facebook P91

13-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Facebook×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P92

14.Google P93

14-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Google×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P94

15.ZTE P95

15-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×ZTE第2回6Gワイヤレスサミットに参加>P96
15-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6Gワイヤレスの展望>P97
15-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE× ZTEの6G研究チームの使命>P98
15-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×ZTEの取り組み>P99
15-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×ICCにおけるB5G及び6Gの要件を発表>P100
15-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×B5G及び6Gが可能にする技術>P101
15-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6Gと統合させる技術研究を開始>P102
15-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6Gネットワークの鍵>P103
15-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×「FG NET-2030」の設立>P104
15-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6Gとの統合が期待されるAIによるネットワークインテリジェンスの提供>P105
15-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6GによるAIを活用したソリューションの提供>P106
15-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×高度なネットワークのための新機能>P107
15-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×ZTE及びChina Unicomの6Gに関する戦略的協力契約>P108
15-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6Gネットワークを使用したパフォーマンスの目標>P109
15-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6Gネットワークの長期的な進化を促進するためにより強力で革新的な技術に貢献>P110

16.Keysight Technologies P111

16-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×6Gを実現するための支援>P112
16-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×6G サブテラヘルツR&D テストベッド>P113
16-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×6Gリサーチ>P114
16-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×Keysight Technologies:6Gホワイトペーパーの概要>P115

17.Cisco P116

17-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Cisco×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P117

18.Intel P118

18-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×インテルは6Gワイヤレステクノロジの開発に向けたHEXA-Xイニシアチブに参加を決定>P119
18-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×6Gワイヤレスネットワークへの期待>P120
18-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×Hexa-Xの参加理由及び目的>P121
18-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×Hexa-Xのプロジェクトビジョン>P122
18-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×Hexa-Xのプロジェクトの目標>P123
18-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×Hexa-XのプロジェクトにおけるIntelの役割>P124
18-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×将来のワイヤレスネットワーク技術への基礎を築く>P125
18-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×6つの研究課題>P126
18-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×6Gが約束するもの>P127

19.HPE P128

19-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<HPE×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P129

20.Ofinno P130

20-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gアーキテクチャ>P131
20-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件(1)>P132
20-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件(2)>P133
20-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件(3)>P134
20-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件(4)>P135
20-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件(5)>P136
20-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件(6)>P137
20-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスとアプリケーションをサポートするネットワークアーキテクチャ>P138
20-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6G向けの新しいサービスとアプリケーション>P139

21.US Cellular P140

21-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<US Cellular×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P141

22.Telnyx P142

22-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Telnys×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P143

2)教育機関・大学 P144

23.University of Oulu P145

23-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×オウル大学における6G研究開始>P146
23-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×オウル大学6Gフラッグシップの紹介>P147
23-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×国連のサステナビリティの目標を含む社会からの推進力が6Gを形成>P148
23-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×データ共有/データ市場経済>P149
23-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gが社会に与える影響>P150
23-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gにより変化するステークホルダーの関係>P151
23-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gがもたらす変化:スマートフォン>P152
23-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gがもたらす変化:テレプレゼンス>P153
23-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gがもたらす変化:自律走行車の発展>P154
23-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6GスペクトルとKPIターゲット>P155
23-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6GネットワークにおけるAIの役割>P156
23-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gネットワークの信頼性>P157
23-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6GネットワークにおけるIDの課題>P158
23-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gはデータ市場を創出する>P159
23-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×人工知能とブロックチェーンが6Gネットワークの主要な役割を果たす可能性>P160
23-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gによる新たなサービスのフレームワーク>P161
23-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gとエッジクラウド>P162
23-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gサービスプラットフォームの前提条件>P163
23-19. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6Gの進歩による無数の新しいアプリ開発>P164
23-20. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×大規模なマシンタイプ通信へのアクセス>P165

24. Nanyang Technological University of Singapore P166

24-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nanyang Technological University of Singapore× 「6G」ワイヤレス通信用の新しいフォトニックチップを開発>P167
24-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nanyang Technological University of Singapore×モバイル通信のための深層学習>P168
24-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nanyang Technological University of Singapore×データ&情報科学及びシステム>P169

25.University of Osaka P170

25-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Osaka×シリコンチップが次世代通信を牽引>P171
25-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Osaka×テラヘルツは5Gを超え6Gに向けて加速>P172
25-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Osaka×煙突の内壁を透視>P173
25-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Osaka×テラヘルツ時間領域分光法による酸化ガリウムの「革新的な評価手法」のコンセプト>P174
25-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Osaka×新たな故障診断の予測方法を開発>P175

26.University of Surrey P176

26-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gイノベーションセンタを開設>P177
26-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×革新的なサービスをサポートする次世代のモバイル テクノロジへの独特な道筋を構築>P178
26-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6GICのビジョン>P179
26-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6G ワイヤレス:新しい戦略的ビジョン>P180
26-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×5G/6G向け大規模なインテリジェントメタサーフェス>P181
26-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gサービスがもたらす新たなチャレンジ>P182
26-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×サレイ大学の新たなアプローチ>P183
26-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×新しい機能横断的な研究開発プログラムによってサポートされる6Gビジョン>P184
26-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6G未来のビジョン>P185
26-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×次世代AIが支える6Gサービスと近距離・広域・衛星からなるネットワークのネットワーク>P186
26-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gがグローバルサプライチェーンに与える影響>P187
26-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gの実現に必要な要素>P188
26-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gロードマップタイムライン>P189
26-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gの重要な目的>P190
26-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×効果的な6G戦略>P191
26-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×5Gは引き続き大きな可能性を提供する>P192
26-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6G研究開発の開始する時がきている>P193
26-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gの新たな方向性>P194

27.Virginia Tech P195

27-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×6Gワイヤレスシステムの研究の展望>P196
27-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×バージニア工科大学が「次世代」ヒューマンブレイン画像研究所を開設>P197
27-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×持続可能な社会のための6G対応スマート インフラストラクチャ>P198

3)団体・組織 P199

28.6G Flagship P200

28-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipの包括的な目標(1)>P201
28-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship× 6G Flagshipの包括的な目標(2)>P202
28-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship× 6G Flagshipの包括的な目標(3)>P203
28-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipが経済に与える影響(1)>P204
28-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipが経済に与える影響(2)>P205
28-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipが経済に与える影響(3)>P206
28-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipが経済に与える影響(4)>P207
28-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×欧州初6Gシンポジウム>P208
28-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×5つの主要テーマ>P209
28-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×エネルギーグリット向け5G/6Gソリューション>P210
28-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×機械学習ベースの周波数及び電圧制御方法論の開発>P211
28-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×より複雑化する環境におけるセンシングとディープラーニング>P212
28-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×AIを用いた生体信号と人間の感情の検出>P213
28-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×持続可能な6Gのための木材ベースの電子機器>P214
28-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×将来のエアモビリティ実現の可能性を検証>P215
28-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×世界初の実験的な6G研究環境がフィンランドに建設中>P216
28-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×フル稼働中のソリッドステート3Dレンジ イメージャーテクノロジ>P217
28-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×新素材による新エレクトロニクス>P218

29.Next G Alliance P219

29-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceとは何か>P220
29-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceの活動目的>P221
29-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceのゴール>P222
29-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceメンバーシップの条件>P223
29-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceの活動タイムラインとその内容>P224
29-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×ATISとは何か>P225
29-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×ATISの「Next G Alliance」が6Gロードマップを実行に移す技術作業プログラムを開始>P226
29-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×北米6Gのロードマップ作業を開始>P227
29-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×北米における6Gをリードする創設メンバー(1)> P228
29-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×北米における6Gをリードする創設メンバー(2)>P229
29-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×米国の6Gリーダーシップを促進するための行動の呼びかけ>P230
29-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×2021年欧州合同会議・6G サミットバーチャル会議>P231
29-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×6Gデジタルシンポジウム>P232
29-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×2021年6Gサミット>P233

30.Hexa-X P234

30-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gに関するHexa-Xのビジョン及び研究課題>P235
30-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gワイヤレスネットワークのビジョン>P236
30-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gの動機付け要因:テクノロジの後押し>P237
30-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gの動機付け要因:社会と産業からの需要>P238
30-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gの主力イニシアチブ>P239
30-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×ビジョンを開発するための基盤>P240
30-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6つの研究課題>P241
30-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gを実現するための取り組みと目標>P242
30-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×Hexa-Xプロジェクトの構成>P243
30-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×Hexa-X:6Gビジョン>P244
30-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×Hexa-Xプロジェクト:リサーチチャレンジ>P245
30-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×Hexa-X:ユースケース>P246
30-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×Hexa-X:ユースケースファミリーの特定>P247
30-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×KVI及び新規又は既存KPIへのターゲットマッピング>P248
30-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×KPI及びKVIのクラスタリング>P249
30-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×新機能を活用した有効化サービスとのユースケースと関係>P250
30-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×選択されたユースケースのKVI/KPI及び新機能へのマッピング >P251
30-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×欧州における6~24GHzのスペクトル割り当て概要>P252
30-19. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×欧州における50~90GHzの周波数割り当て概要>P253
30-20. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×欧州における80~180GHzの周波数割り当て概要>P254
30-21. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×欧州における140~275GHzの周波数割り当て概要>P255
30-22. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×欧州における275~1000GHzの周波数割り当て概要>P256

奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-86567-310-4 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:Dream’s Commerce ボリンジャー 実穂子

【トータル・ページ数(報告書)】

・35ページ *別途、公開資料は30社×222枚付き(全ページ:和訳要約済)
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2021年 海外における「6G」主要プレイヤー×研究開発動向に関する網羅的な調査(公開資料:30社×222枚付き)』
【頒価】 PDF(CD-R)*Excel(集計&加工用 生データ)も添付:本体価格180,000円+税(198,000円<税込>)<※全てカラー>
【発刊日】 2021年6月22日

【報告書体裁】 A4版 PDF(CD-R)*Excel(集計&加工用 生データ)も添付
【ページ数】 35ページ *別途、公開資料は30社×222枚付き(全ページ:和訳要約済)
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 以下の「お問い合わせはこちら」のボタンからお申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください


ページの先頭に戻る

お問合せボタン
03-5762-8136