building

IoT/M2Mの技術標準化 業界アライアンス動向 2015 PC視聴(映像)版【映像レポート】

【サブタイトル】

■はじめに
■IoT/M2Mの技術標準化動向
■IoT/M2Mの業界アライアンス動向
■まとめと今後の課題

【発信対象】

・「M2M」「IoT」業界 ならびに技術標準化や業界アライアンスに関連する方々 など (日本ならびに世界)

【(映像)撮影&編集 方法】

・ムービーカメラ、照明を固定し、日立製作所 情報・通信システム社 会議室 内にて撮影。撮影映像を、ESP総研 機材で編集。

【(映像)撮影&編集 期間】

・ 2015年6月1日に撮影後、2015年6月11日に(映像)編集 終了。

【映像レポート】とは

1)今や、映像や音声など視覚に訴えて「コンテンツ」を最大限に表現する時代。「伝わりやすさ」「分かりやすさ」「感動」をモットーに「コンテンツ」作りを目指しているESP総研では、「市場調査」業界の先駆者として(文字情報を中心とした)「調査レポート」から(映像や音声を中心とした)「映像レポート」にシフトしました。
2)「取材対象者(語り手)」「スポンサー(番組制作依頼者ならびに番組ニーズ発信者)」「映像制作会社(プロダクション、聞き手=ESP総研)」全てがハッピーで、心から楽しむことを心がけております。
3)「映像レポート」化することで、「情報発信」ならびに「情報伝達」力が高まり、「コンテンツ価値」もUPし、(字幕スーパー:テロップなどを入れるなどして)日本市場のみならず、世界市場に向けた「コンテンツ」作りを行えます。
4)「映像レポート」はスポンサーや真に「当該情報」を必要としている視聴者など、最終的には不特定多数(企業内個人)を対象とした「映像レポート」となっております。また、「コンテンツ」は「映像や音声(パソコンで視聴できるような「MP4 ビデオ (.mp4)」)」+「プレゼンテーター解説資料(PPTなど)」によって構成されていることから、提供形態は「DVD」となります。
5)基本的に、最低で3社以上からの(強い要望)「リクエスト」または特定の企業からの「スポンサー(申し込み)」があった場合に「映像レポート」化を実施しております。
6)なお、「映像レポート」は、「コンテンツ」としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(映像や音声、その他付随資料など)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属します。

【目次】

【目 次】
1.はじめに

1-1. IoT/M2Mによる通信の将来市場
1-1.IoT/M2Mによる第4次産業革命
1-2. 技術標準化と業界アライアンス動向
1-3. 技術標準化と業界アライアンスの位置付け

2. IoT/M2Mの技術標準化動向

2-1. 通信・インターネット系
2-1-1. OneM2M
2-1-1. OneM2M
2-1-2. ITU-T(JCA、GSI、FG/M2M)
2-1-3. 3GPP MTC
2-1-3. GSMA/eSIM
2-1-4. IETF(4WG概要)
2-1-5. W3C (WoT:Web of Things)
2-2. 電気・産業制御系(委員会)
2-2. IEC(International Electrotechnical Commision)
2-2-1. IEC TC65(プロセス制御)
2-2-2. IEC SMB/SG8、MSB
2-2-3. ISO/TC184(プロセス制御)
2-2-4. ISO/IEC/JTC1
2-2-5. 工業用無線 (ISA100.11a)
2-2-5. 工業用無線 (ISA100.11a)
2-3. センサ・スマデバ・家電機器I/F系
2-3-1. IEEE 2413
2-3-2. IEEE802.11、802.15.4/15.1
2-3-3. IEEE 1888
2-3-4. OMA-DM
2-3-5. BBF、OSGi
2-3-6. HGi (DSLフォーラム、DLNA、UpnP)

3. IoT/M2Mの業界アライアンス動向

3-1.IIC(Industrial Internet Consortium)
3-1.IIC(Industrial Internet Consortium)
3-2. Industrie 4.0
3-2. Industrie 4.0
3-3. DMDI(Digital Manufacturing&Design Innovation)
3-4. ASA(All Seen Alliance)
3-4. ASA(Qualcomm: AllJoyn)
3-5. OIC(Intel、Samsung、Broadcom)
3-6. Thread Group(Google/Nest、Samsung)
3-7. Hyper/CAT(Intel、Arm、BT)
3-8. HomeKit(Apple)
3-9. 業界アライアンスの位置付け
3-10. IoTWorldForum
3-11. 新世代M2Mコンソーシアム(日本)
3-12. 通信キャリアグローバルアライアンス ほか

4.まとめと今後の課題

4-1. 技術標準化と業界アライアンスの乱立
4-2. 通信技術と電気制御儀技術のInterworking

≪講師プロフィール≫
(株)日立製作所 情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 IoTビジネス推進統括本部 事業主管 工学博士 新世代M2Mコンソーシアム 理事 木下 泰三(きのした たいぞう)氏

【ISBNコード】

ISBN978-4-86567-033-2 C2034

【企画・撮影・編集・レポーティング・監修】

1)企画・監修・編集・レポーティング・撮影:ESP総研 村岡 正悦
2)編集:吉原 亨

【注意事項・備考】

●DISCは片面・1層ディスク ●COLOR ●日本語(ステレオ) ●日本市場向け ●レンタル不可・複製不能
●DVDビデオは映像と音声を高密度に記録したディスクです。DVDビデオ対応のプレイヤーで再生してください。
●このディスク並びにパッケージに関する全ての知的財産権は権利者に留保され、日本国内での企業用、家庭用観賞を目的とした販売に限って許可されています。無断でこれを複製、上映、公衆送信、改変すること、および第三者への頒布(中古販売、貸与などを含む)は法律で厳しく禁止されております。

【コンテンツ・ボリューム(映像)】

【DVD映像コンテンツ時間(合計)】46分55秒

<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『IoT/M2Mの技術標準化 業界アライアンス動向 2015 PC視聴(映像)版【映像レポート】』
【頒価】 『DVD』PC視聴(映像)版:MP4 ビデオ (.mp4)(映像レポート→ 46分55秒):本体価格 100,000円+税
<※全部カラー>
【発刊日】 2015年6月12日
【コンテンツ体裁】 『DVD』PC視聴(映像)版:MP4 ビデオ (.mp4)
【コンテンツ・ボリューム】 『DVD』PC視聴(映像)版:MP4 ビデオ (.mp4)は46分55秒
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 以下の「お問い合わせはこちら」ボタンからお申し込み下さい。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください


ページの先頭に戻る

お問合せボタン
03-5762-8136