building

“ドローン”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ドローン”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編 ~

【サブタイトル】

~ “ドローン”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵8枚、個票絵100枚≫~

【調査対象】

・「ドローン」分野 全般 

【調査方法】

・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“ドローン”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査&レポート期間】

・ 2017年8月22日(ドローン×最先端技術調査開始)~2017年8月31日までドローン×最先端技術調査を実施し、2017年9月19日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。

【はじめに】

“「ドローン」業界”は、今後20年でいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 特に、 “ドローン” に着眼する「ドローン」関連事業者の営業企画・事業推進部門の方々、研究開発部門方々、ならびに“ドローン” に着眼する企業ユーザー(製造業、流通業、サービス業、金融業、公共分野)の幅広い皆さまからである。

 今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 こうした声を受けて、ESP総研では『“ドローン”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ドローン”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編 ~ 』を発刊することとなった。

 「ドローン」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 重視した抽出条件は、「将来、“ドローン” に着眼する「ドローン」関連事業者の研究開発に役立つかどうか?」「将来、“ドローン” に着眼する企業ユーザー(製造業、流通業、サービス業、金融業、公共分野)にとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 今回、ESP総研では総力を結集して“ドローン”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ドローン”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編 ~  レポートを刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

「ドローン×未来予測」の調査を行ってみて、

 ドローンの活動場所を広げるためにハードウェア面の技術研究が進んでいる。また、ドローンを活用したAIとの連携や、映像技術、インターフェースなどを睨んだソフトウェア面の技術研究が進んでいる。

 環境・資源・設備の点検・警備分野向けのドローンの活用が研究されている。また、土木・小売販売・広告・舞台演出向けのドローンの活用が研究されている。

 突発的な大災害時への対策・復興時の活動など向けドローンの研究開発が進んでいる。また、ドローンを活用した大規模な新時代の物理インフラ構築が研究されている。

 ドローンが活躍する新時代に向けた研究開発が活発化している。

 皆さまからの強い期待とリクエストによって、“ドローン”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ドローン”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編 ~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「ドローン」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

~ “ドローン”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵8枚、個票絵100枚)~ P1

Ⅰ.総括 編 P2

1.ハードウェア P3
2.ソフトウェア P4
3.点検・調査 P5
4.警備・映像・資料 P6
5.産業 P7
6.災害対策 P8
7.災害対策・その他 P9
8.新物理インフラ P10

Ⅱ.個票 編 P11

■ ドローン ハードウェア技術 ■ P12

(1)ドローン×水陸両用 P13
(2)ドローン×耐候性と防水性 P14
(3)ドローン×合体 P15
(4)ドローン×ドロネット P16
(5)ドローン×ドローン基地 P17
(6)ドローン×ドローンタワー P18
(7)ドローン×充電ドッグ P19
(8)ドローン×充電基地局 P20
(9)ドローン×緊急用パラシュート P21
(10)ドローン×高速飛行 P22
(11)ドローン×プロペラガード P23
(12)ドローン×スマフォケース P24
(13)ドローン×ティルトロータ― P25
(14)ドローン×受信機 P26
(15)ドローン×ヘッドセット P27
(16)ドローン×コントローラー P28
(17)ドローン×生体ドローン P29
(18)ドローン×エアバッグ P30
(19)ドローン×空中で荷物受渡し P31
(20)ドローン×手のひらサイズ P32
(21)ドローン×高精度動画 P33

■ ドローン ソフトウェア技術 ■ P34

(22)ドローン×ドローン飛行可能施設 P35
(23)ドローン×リアルシミュレーター P36
(24)ドローン×ジェスチャーモード P37
(25)ドローン×モバイル操作 P38
(26)ドローン×ARゲーム P39

■ ドローンの活躍 点検・調査 ■ P40

(27)ドローン×点検(送電網) P41
(28)ドローン×点検(石油掘削施設) P42
(29)ドローン×点検(メガソーラ・映像解析) P43
(30)ドローン×点検(飛行機) P44
(31)ドローン×調査(事故検証) P45
(32)ドローン×調査(自動走行用地図作成) P46
(33)ドローン×調査(がけ崩れ) P47
(34)ドローン×調査(森林資源) P48
(35)ドローン×調査(河川管理・航空レーザー測深機) P49
(36)ドローン×調査(海域管理・マルチビーム探査システム) P50
(37)ドローン×調査(魚群探知機) P51
(38)ドローン×調査(宇宙空間) P52
(39)ドローン×調査(惑星) P53

■ ドローンの活躍 警備 ■ P54

(40)ドローン×警備(社員健康管理) P55
(41)ドローン×警備(セキュリティプランニング) P56
(42)ドローン×警備(不審車両) P57
(43)ドローン×警備(セコム気球) P58
(44)ドローン×警備(ドローン検知) P59
(45)ドローン×警備(山岳救助隊) P60
(46)ドローン×警備(行方不明者の自動追跡) P61
(47)ドローン×警備(サメ発見) P62
(48)ドローン×警備(ライフセーバー) P63

■ ドローンの活躍 映像・資料 ■ P64

(49)ドローン×映像(SNS連携) P65
(50)ドローン×映像(空撮コンテスト) P66
(51)ドローン×資料(ドローン向け気象情報) P67

■ ドローンの活躍 産業 ■ P68

(52)ドローン×農業(出荷) P69
(53)ドローン×土木 P70
(54)ドローン×土木(三次元データ) P71
(55)ドローン×建設(高層ビル) P72
(56)ドローン×買物(プロジェクトウィング) P73
(57)ドローン×買物(セルラードローン) P74
(58)ドローン×買物(自動運転車両活用) P75
(59)ドローン×買物(飛行船活用) P76
(60)ドローン×タクシー(空飛ぶドローンタクシー) P77
(61)ドローン×演出(ドローンショウ) P78
(62)ドローン×演出(浮遊球体ドローンディスプレイ) P79
(63)ドローン×広告(浮遊球体ドローンディスプレイ) P80
(64)ドローン×広告(混雑回避) P81
(65)ドローン×スポーツ(超低空ドローンレース) P82
(66)ドローン×玩具(紙飛行機) P83
(67)ドローン×運送(血液検体) P84
(68)ドローン×マッチングサービス P85

■ ドローンの活躍 災害対策 ■ P86

(69)ドローン×災害対策(暗所撮影対応) P87
(70)ドローン×災害対策(物資配送) P88
(71)ドローン×災害対策(緊急医薬品搬送) P89
(72)ドローン×災害対策(避難広報) P90
(73)ドローン×災害対策(発着可能なランドローバー) P91
(74)ドローン×災害対策(水難救助) P92
(75)ドローン×災害対策(長距離無線通信) P93
(76)ドローン×災害対策(中継局) P94
(77)ドローン×災害対策(移動型火のみやぐらとG空間システム連携) P95
(78)ドローン×災害対策(ケーブル復旧業務) P96
(79)ドローン×災害対策(災害状況マップ) P97
(80)ドローン×災害対策(土砂崩れ) P98
(81)ドローン×災害対策(水害) P99
(82)ドローン×災害対策(二次被害対策) P100
(83)ドローン×災害対策(セコム飛行船) P101

■ ドローンの活躍 その他 ■ P102

(84)ドローン×トレーニング(トレーニングモデル) P103
(85)ドローン×トレーニング(スクール) P104
(86)ドローン×トレーニング(パイロット養成学校) P105
(87)ドローン×トレーニング(プログラミング教育) P106
(88)ドローン×自動車(ドローン自動車) P107
(89)ドローン×インフラ(ドローンハイウェイ構想) P108
(90)ドローン×インフラ(インターネットドローン) P109
(91)ドローン×新物理インフラ構想 P110
(92)ドローン×新物理インフラ構想(24時間航行) P111
(93)ドローン×新物理インフラ構想(地球環境モニタリング) P112
(94)ドローン×新物理インフラ構想(海洋資源調査) P113
(95)ドローン×新物理インフラ構想(外洋上への船への物資搬送) P114
(96)ドローン×新物理インフラ構想(災害時の緊急対応) P115
(97)ドローン×新物理インフラ構想(アフリカ・中央アジアにおける食糧問題) P116
(98)ドローン×新物理インフラ構想(各種ドローン・ロボットの管制用ドローン) P117
(99)ドローン×新物理インフラ構想(報道用ドローン) P118
(100)ドローン×新物理インフラ構想(太平洋横断) P119

奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-86567-171-1 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研
(1)(未来絵)イラスト観点抽出<ドローン×最先端技術調査>:伊藤 伸隆
(2)ビジネスイラスト作成:伊藤 伸隆

【トータル・ページ数(報告書)】

・119ページ 
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『“ドローン”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ドローン”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編 ~』
【頒価】 PDF(CD-R):本体価格180,000円+税<※全てカラー>
【発刊日】 2017年9月19日

【報告書体裁】 A4版 PDF(CD-R)
【ページ数】 119ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 以下の「お問い合わせはこちら」のボタンからお申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください


ページの先頭に戻る

お問合せボタン
03-5762-8136