building

“点検ロボット”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“点検ロボット”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編~

【サブタイトル】

~ “点検ロボット”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵7枚、個票絵86枚≫~

【調査対象】

・「点検ロボット」分野 全般

【調査方法】

・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“点検ロボット”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査&レポート期間】

・ 2017年8月28日(点検ロボット×最先端技術調査開始)~2017年9月29日まで点検ロボット×最先端技術調査を実施し、2017年10月17日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。

【はじめに】

  “点検ロボット”を取り巻く環境は、今後20年でいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 特に、 “点検ロボット” に着眼するロボットメーカー、ドローンメーカー、建設コンサルなどの点検業者の方々ならびに“点検ロボット” に着眼するロボット利活用ユーザーの幅広い皆さまからである。

 今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 こうした声を受けて、『 “点検ロボット”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“点検ロボット”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編~』を発刊することとなった。

 「点検ロボット」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 重視した抽出条件は、「将来、“点検ロボット” に着眼するロボットメーカー、ドローンメーカー、建設コンサルなどの点検業者の研究開発に役立つかどうか?」「将来、“点検ロボット” に着眼するロボット利活用ユーザーにとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 今回、ESP総研では総力を結集して“点検ロボット”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“点検ロボット”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編~を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 橋梁点検分野におけるドローン活用の動きが活発である。点検時に場所を取らず、スタッフの安全を守り、効率的に点検作業をこなせるといった期待が高まっている。また、ドローンを定期巡回させるなどの自動化の方面でも研究が行われている。

 ドローン以外にも様々な橋梁の形状、限定的な状況に対応した点検ロボットの開発が進んでいる。将来的には橋毎に応じて、最適なロボットを活用した点検作業が行われるであろう。

 また、橋梁点検のモニタリング技術活用の動きが活発化している。振動や音、赤外線などの非破壊検査により、外部から目視不可能な個所においても簡単に点検できるようになるだろう。

 なお、24時間常に定期モニタリングを行う無線ユニットなどを活用することで、将来的にはリアルタイムで異常を検知することが可能となるだろう。

 3D技術、VR技術により、より品質の高い点検結果データを扱うことが可能となるだろう。それに伴い、膨大となる点検データを効率的に扱えるように人工知能による処理の高速化に期待が高まっている。

 橋梁点検などの分野における新たな技術開発が活発的に行われていることを調査を通じて強く感じた。

 皆さまからの強い期待とリクエストによって、“点検ロボット”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“点検ロボット”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「点検ロボット」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

~ “点検ロボット”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵7枚、個票絵86枚)~ P1
Ⅰ.総括 編 P2
1.ドローン(1)P3
1.ドローン(2)P4
2.ロボット P5
3.ロボットカメラ・ロボットアーム P6
4.モニタリング(1) P7
4.モニタリング(2) P8
5.VR・人工知能・3D P9
Ⅱ.個票 編 P10
(1)点検×ドローン P11
(2)点検×ドローン(非GPS環境下対応) P12
(3)点検×ドローン(近接目視支援) P13
(4)点検×ドローン(打音検査)P14
(5)点検×ドローン(球殻)P15
(6)点検×ドローン(可変ピッチ機構)P16
(7)点検×ドローン(マルチコプタ)P17
(8)点検×ドローン(水中部)P18
(9)点検×ドローン(砂防)P19
(10)点検×ドローン(海岸護岸)P20
(11)点検×ドローン(汽水域)P21
(12)点検×ドローン・自動点検サービス P22
(13)点検×ドローン(空洞・剥離調査)P23
(14)点検×ドローン(災害調査)P24
(15)点検×ドローン(放射線測定調査)P25
(16)点検×ドローン(流向流速調査)P26
(17)点検×ドローン(画像合成)P27
(18)点検×ドローン・橋梁下面・側面及び橋脚(画像処理)P28
(19)点検×ドローン・人工建造物(オルソ画像)P29
(20)点検×ドローン・桁下(2Dへのオルソ処理)P30
(21)点検×ロボット・構造物の損傷箇所記録技術 P31
(22)点検×ロボット・斜張橋 P32
(23)点検×ロボット・コロコロチェッカー P33
(24)点検×ロボット・橋梁点検用軽量伸縮ビーム P34
(25)点検×ロボット・ワイヤー移動式 P35
(26)点検×ロボット・ワイヤー吊下げ型 P36
(27)点検×ロボット・鋼橋(磁石式)P37
(28)点検×ロボット・鋼橋(マグネット吸着型)P38
(29)点検×ロボット・狭隘部 P39
(30)点検×ロボット・鋼桁下 P40
(31)点検×ロボット(真空吸着)P41
(32)点検×ロボットカメラ(懸垂型)P42
(33)点検×ロボットカメラ(高所型)P43
(34)点検×ロボットカメラ(台車型)P44
(35)点検×ロボットカメラ・沓座 P45
(36)点検×ロボットアーム・点検車両 P46
(37)点検×ロボットアーム・トラス橋 P47
(38)点検×ロボットアーム・橋近接橋 P48
(39)点検×ロボットアーム・歩道・横断防止柵 P49
(40)点検×ロボットアーム・添架・狭隘部 P50
(41)点検×モニタリング・交通振動(疲労損傷予測)P51
(42)点検×モニタリング・高所点検用打音検査 P52
(43)点検×モニタリング・打音検査(人工知能:異常地点のリアルタイム表示)P53
(44)点検×モニタリング・打音検査(人工知能:異常箇所マップ)P54
(45)点検×モニタリング・音カメラ P55
(46)点検×モニタリング・加速度情報 P56
(47)点検×モニタリング・たわみ計測 P57
(48)点検×モニタリング・スーパーアコースティックセンサ P58
(49)点検×モニタリング・赤外線解析(コンクリート)P59
(50)点検×モニタリング・赤外線解析(鋼橋)P60
(51)点検×モニタリング・高感度近赤外分光 P61
(52)点検×モニタリング・赤外線調査支援 P62
(53)点検×モニタリング・赤外線調査支援(熱環境測定装置)P63
(54)点検×モニタリング・赤外線調査支援(画像判定支援モニター)P64
(55)点検×モニタリング・赤外線調査支援(画像判定支援ソフト)P65
(56)点検×モニタリング・3Dレーダシステム P66
(57)点検×モニタリング・光ファイバセンシング P67
(58)点検×モニタリング・光学振動解析 P68
(59)点検×モニタリング・高エネルギーX線 P69
(60)点検×モニタリング・渦流探傷法 P70
(61)点検×モニタリング・マルチビーム P71
(62)点検×モニタリング・無線センサユニット P72
(63)点検×モニタリング・省電力無線センサネットワーク技術 P73
(64)点検×モニタリング・センサユニットの開発 P74
(65)点検×モニタリング・フレキシブル面パターンセンサー P75
(66)点検×モニタリング・マルチホップ無線通信 P76
(67)点検×モニタリング・巡回収集型 P77
(68)点検×モニタリング・経年変位計測 P78
(69)点検×モニタリング・計測点の詳細解析 P79
(70)点検×モニタリング・インバリアント分析 P80
(71)点検×コンクリート(マイクロ波診断)P81
(72)点検×コンクリート(ウォータージェット工法)P82
(73)点検×人工知能(劣化要因・健全性判定支援)P83
(74)点検×人工知能・ひび割れ点検 P84
(75)点検×人工知能・内部鉄筋腐食 P85
(76)点検×VR映像・点検技術の学習支援 P86
(77)点検×VR映像・点検結果の検討支援 P87
(78)点検×VR映像・劣化・損傷の経年進行の評価 P88
(79)点検×VR映像・点検データの保管 P89
(80)点検×3Dモデリング・落橋防止構造(沓座拡幅)P90
(81)点検×3Dモデリング・柱部RC巻立て P91
(82)点検×3Dモデリング・ジオタグ付き写真 P92
(83)点検×スマートボルト P93
(84)点検×作業支援・音声認識 P94
(85)点検×作業支援・報告書の電子化 P95
(86)点検×作業支援・ドキュメント管理のシステム化 P96

奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-86567-173-5 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研
(1)(未来絵)イラスト観点抽出<点検ロボット×最先端技術調査>:伊藤 伸隆
(2)ビジネスイラスト作成:伊藤 伸隆

【トータル・ページ数(報告書)】

・96ページ 
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『“点検ロボット”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“点検ロボット”の進化による未来予測≪2017‐2037≫~未来絵 編~』
【頒価】 PDF(CD-R):本体価格180,000円+税<※全てカラー>
【発刊日】 2017年10月17日

【報告書体裁】 A4版 PDF(CD-R)
【ページ数】 96ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 以下の「お問い合わせはこちら」のボタンからお申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください


ページの先頭に戻る

お問合せボタン
03-5762-8136