future

海外視察&インタビュー+映像レポート

1.初めてのご相談から最終的な「映像レポート納品」までの基本的な流れ(8つのポイント)

1)事前打ち合わせ(ミーティング)【守秘義務契約を締結】
2)作業内容の確認(調査・視察・インタビューを行う国の決定、そこで実施する作業内容の確認、映像レポート内容(テロップ:字幕入りなど)の確認)
3)現地コーディネーターとのミーティング(渡航(飛行機)、宿泊(ホテル)、作業時食費、移動交通費(現地でのカメラ機材などの運搬:タクシーなど)や、取材依頼&カメラ撮影許諾、事前調整なども含む)
4)契約締結
5)海外視察&インタビュー&映像レポート 準備
6)現地にてインタビュー取材(映像カメラにて)【キーマン・アプローチ&深堀調査(INPUT)】
7)帰国後、映像編集レポーティング(NGカット、テロップ:字幕入れなど)
8)「映像レポート」納品

2.主な“海外視察&インタビュー&映像レポート”項目

1)海外イベント視察(キーマン、ブースなど)&映像カメラ取材
2)各国の主要企業キーマンにインタビュー取材(映像カメラで撮影)
3)海外(現地)の現状視察(撮影中心) etc.

3.「見積」項目(例) ※海外イベント視察のケース

1)人件費(インタビュア、通訳、現地コーディネーター、照明&カメラマンなど)
2)機材費(HDV、三脚、マイク、ミニキッド一式)
3)編集費(完成品***分×2枚、FCP想定)
4)翻訳費
5)字幕(テロップ)入れ作業
6)メディア(媒体)、交通費など編集諸経費
7)渡航(飛行機、航空諸税・燃油、発券手数料)、宿泊(ホテル)、空港送迎費用(往復専用車+ガイド)、作業時食費、移動交通費(現地でのカメラ機材などの運搬:タクシーなど)など
8)取材依頼&カメラ撮影許諾、事前調整費
※1 インタビュー項目については事前に御社から質問票を頂きます。
※2 映像編集構成にご要望があれば、あらかじめ御社からご指示頂きます。(映像サンプル:インタビュー映像サンプル、イベント取材映像サンプルを事前に送付させて頂き、詳細についてご指示頂きます。)
※3 上記「見積項目」をポイントに個別見積書を作成して、お送りさせて頂きます。

4. 「海外視察&インタビュー&映像レポート」の実施を検討されている方へ メッセージ

1)まずは、どんな些細なことでもお気軽に弊社担当者にご相談ください。

2)基本的には「作業内容」「納品物:映像レポート(構成)」「納期」について、御社に訪問させて頂いて簡単に確認させて頂きます。もちろんのこと御依頼の内容、御社名については機密事項として扱わせて頂きますので御安心下さい。

3)基本的には御社(お客様)のリクエストやご要望を伺い、弊社(ESP総研)にて綿密な計画を立てながら、事前調整、海外現地での視察&インタビュー活動、「映像レポート(編集)」までを一貫して行います。

5. 「海外視察&インタビュー&映像レポート」 実施までの プロセス・手順

基本的には「海外視察&インタビュー&映像レポート」は以下のような手順にて実施致します。

(1)「海外視察&インタビュー&映像レポート」に関する詳細なご説明(訪問)⇒ 御社にて「業務委託」のご検討 ⇒ ご発注決定
(2)業務委託契約書・発注書作成 ⇒ 契約締結&発注書送付 ⇒ FAXにてご発注
(3)契約締結後、発注書受領確認後、直ちに「海外視察&インタビュー&映像レポート」を開始致します。
(4)「映像レポート」提出 ※御指定の期日までに「映像レポート」を提出致します。
(5)検品・検収 ⇒ 合格後、請求書発行・送付 ⇒ 銀行振込(ご入金) ※基本的には当月末締め翌月末のお支払(銀行振込)をお願いしております。

※詳しい内容については、電子メール:info@espers.co.jpにてお気軽にお問い合わせ下さい。


ページの先頭に戻る

お問合せボタン
03-5762-8136