future

業界構造・業界動向 調査

1.得意分野、強み、特徴などのポイント(2015年10月30日 更新)

1.豊富な実績 →

(個別対応)実績

2.B2B分野であれば全業種・業界を網羅。特にIT(情報通信)業界に強みを持つ。

3. 業界構造、業界動向 調査であるが、調査対象テーマを軸とし、その知見者や当該プレイヤーをリスト化。キーマンから幅広い意見や知見を集めるところからスタート。業界構造は、すべての当該プレイヤーへの深堀ヒアリングを行うことは勿論、業界俯瞰ができる代表的なプレイヤー・キーマンからトップダウン方式で情報収集したものをマージし、業界構造俯瞰図などを作成する。業界動向については、基本的には当該プレイヤー・キーマンや業界知見者(大学教授、業界アナリスト、業界コンサルタントなどの有識者など)から網羅的に情報を収集して時系列的(時間軸重視)に纏めている。

*報告書OUTPUTサンプルが豊富にあるため、クライアント(お客様)とは過去の凡例(報告書OUTPUT)を見ながら調査設計を行っている。

4.フットワークと機動力(スピード)を最大の武器に展開。また、ただ単に業界構造、業界動向 調査を行うのみならず、業界特有の構造レイヤー別の傾向を俯瞰しつつ、その背景や今後のシナリオなどについても場合分けして明確にレポート化。特に、Why(なぜ)を重視した深堀レポートを心掛けている。

5.国内(調査)・海外(調査) 共に受託範囲内。

6. 業界構造、業界動向 調査であるが、2:6:2の法則があるように、深く考察している上位2割のプレイヤー・キーマンから集めた情報を如何にマージしてデザイン化するのかに注力している。この作業の際には弊社デザイナーもプロジェクトに参画する。

7. 既に作業手順を定型パターン化しているため、スムーズに作業を進行できる。

2.初めてのご相談から最終的なご報告までの基本的な流れ(6つのポイント)

1)事前打ち合わせ(ミーティング)【守秘義務契約を締結】
(1)調査対象
(2)調査の範囲・定義(確認)
(3)定性的な内容、定量的な内容 *求める図表イメージ
(4)時系列表記×MAP対象 *時間軸の設定
(5)OUTPUTイメージ・レベルの確認(どこまでデザインするのかなど)

2)リスト作成 *当該主要事業者、知見者(大学教授、業界アナリスト、業界コンサルタントなどの有識者など)

3)インタビュー取材(訪問・電話等)【キーマン・アプローチ&深堀調査(INPUT)】
(1)基本統計サーチ

(2)プレイヤー・リストアップ

(3)プレイヤー・キーマンにヒアリングなど

4)レポーティング<個表・個表マトリックス>【報告書作成(OUTPUT)】*デザイン・表現の深さは上記1)で事前確認

5)総括作成(表やグラフ、コメント、市場規模推移、結論など)

6)報告会(プレゼンテーション)

3.主な「業界構造、業界動向」調査項目

■業界構造、業界動向 調査(トップダウン調査、ボトムアップ調査 両方)

(1)調査対象:実態マーケットが既に形成されている市場セグメント・テーマ<成長期、成熟期フェーズ>

(2)調査手法:

<1>市場セグメント・テーマや対象領域(定義)を確定

<2>既存プレイヤー・リストの抽出・一覧化

<3>プレイヤー・キーマンに実績や予測などヒアリング
・シーズが調査対象(範囲)に該当するのか?確認
・ビジネスモデル
・販売開始時期
・累計販売数量
・前年比伸長率
・単年売上金額
・来年の売上計画
・過去の売上実績
・競合他社の認識など(当該プレイヤー数など)
・業界構造(構造レイヤー別など)
・業界動向(時系列別など)

4.「業界構造、業界動向」調査 ポイント

1)業界構造は、すべての当該プレイヤーへの深堀ヒアリング。そして業界俯瞰ができる代表的なプレイヤー・キーマンからトップダウン方式で情報収集したものをマージし、業界構造俯瞰図などを作成。

2)業界動向については、基本的には当該プレイヤー・キーマンや業界知見者(大学教授、業界アナリスト、業界コンサルタントなどの有識者など)から網羅的に情報を収集して時系列的(時間軸重視)にレポート。

3)業界特有の構造レイヤー別の傾向を俯瞰しつつ、その背景や今後のシナリオなどについても場合分けして明確にレポート化。特に、Why(なぜ)を重視した深堀レポート。

5.「業界構造、業界動向」調査の実施を検討されている方へ メッセージ

1)事前に、調査目的、調査見積(金額)、調査対象、納期、OUTPUTイメージ・レベルについて、御社に訪問させて頂いて簡単に確認させて頂きます。もちろんのこと、御依頼の内容、御社名については機密事項として扱わせて頂きますので御安心下さい。

2)基本的には御社と共に調査設計(企画)を行い、ESP総研にて実査(キーマンへのアポ取り~スケジュール調整~ヒアリング)、レポーティング(筆耕)、集計&分析(特にテンプレート・デザイン、エグゼクティブ・サマリ重視)などの報告書作成、報告会(プレゼンテーション)までを一貫して(ワンストップで)行っております。

6.「業界構造、業界動向」調査 実施までの 詳細プロセス・手順

「業界構造、業界動向」調査は以下のような手順にて実施致します。

(1)「業界構造、業界動向」調査に関する詳細説明(訪問)⇒ 御社にて調査委託のご検討 ⇒ ご発注決定

(2)業務委託契約書・発注書作成 ⇒ 契約締結・発注書(雛形)送付 ⇒ FAXなどにてご発注

(3)契約締結・発注書受領確認後、直ちに調査を開始。*海外調査の場合には調査着手時に50%を請求・ご入金確認後に調査スタート

(4)中間報告(中間報告書 納品) ※調査の進捗確認や目的・方針について遵守しているのか?中間報告(納品)時にご確認。

(5)最終報告書提出・調査報告会 ※御指定の期日までに最終報告書を提出。なお、最終報告書納品後に調査報告会を開催し、調査結果について報告。

(6)アフターフォロー ※調査報告書(内容)に関するお問い合わせ、追加・フォロー調査などの実施。御指定の期日までに最終報告書フォロー調査 追加分を提出。

(7)検品・検収 ⇒ 合格後、請求書を発行・送付 ⇒ 銀行振込(ご入金) ※基本的には当月末締め翌月末のお支払(銀行振込)。*海外調査の場合には調査完了時に残りの50%を請求

※お急ぎの場合、電子メール:info@espers.co.jpにてお気軽にお問い合わせ下さい。


ページの先頭に戻る

お問合せボタン
03-5762-8136